ブログでニュース速報

最新ニュースをブログで情報キャッチ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告
Trackback [x]
Comment [x]
まあ、そりゃそうですよね。

大統領ですからね、そんな暇はありません

世界がこんな状態なのに・・・。


 オバマ次期米大統領(47)と同じ発音というだけで町おこしをしている福井県小浜市が、来年1月にワシントンで行われる大統領就任式への“参加”を断念したことが29日、分かった。オバマ氏の当選直後はホワイトハウスの庭でおばまガールズがフラダンスを披露するという仰天プランもあったが、唯一の窓口だったオバマ氏の選挙事務所が閉鎖され、連絡手段がなくなってしまったという。 来年1月20日(日本時間21日)に行われるオバマ氏の大統領就任式。小浜市の「オバマを勝手に応援する会」ではワシントンまで駆けつけ、あわよくばホワイトハウスにオジャマしようとプランを練っていたが、あえなく水泡に帰してしまったという。 「応援する会」事務局長の藤原清次氏(56)によると、当初は有志4~5人での渡米を考えていた。最悪でも、ライブで新大統領の姿を拝めれば行く価値は十分。しかし就任式当日、ワシントンには最大400万人が同地を訪れるとの試算が出ている。式自体も約24万人が参加予定。ほかの観衆は近くの公園に“押し込められる”予定で過去最大規模のセレモニーになるという。 そんな厳しい状況にもめげず「応援する会」では、新大統領との対面に自信を見せていた。というのも、オバマ氏の選挙事務所とは、頻繁にメールのやり取りをするなど太いパイプを持っていたからだ。 しかし、頼みの綱であった選挙事務所との連絡が取れなくなってしまった。「選挙後ですから閉鎖されてしまったようです」(藤原氏)。名古屋や大阪の米領事館とはコンタクトを続けているというが、オバマ氏と直接のコネクションを失ったことで、現地に行く意義も見いだせなくなったという。 さぞ「町おこし」のテンションも下がったと思いきや、それでも小浜市のオバマ熱は冷めていない。松崎晃治市長は当選祝いとして若狭塗箸(ぬりばし)の受け渡しを麻生首相に依頼。首相からは「俺を宅配便代わりに使うのか」と苦笑されたという。 また就任式に合わせ小浜市でのイベントは予定通り開催。同市羽賀寺本堂前で行われるのは「世界にとどけ平和の鐘 オバマ大統領就任を祝う会」。大統領に当選させるという目的を果たしたため「応援する会」の次の目標は「世界平和と文化交流」にチェンジしたという。 さらに3月13日~18日には「おばまガールズ&おばまボーイズ」がオバマ氏ゆかりのハワイを訪問。州知事の昼さん会やホノルル市長の晩さん会などに出席する予定だ。藤原氏は「現地には行けなくなったが、当日はオバマ氏の晴れ舞台を小浜市で見守りたい」と話している。

小浜市悲し オバマ氏音信不通
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081230-00000042-sph-soci


今日のラッキーキーワードは、「ユニコーン」です。
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
かつて、まだ予備選当時だった3月上旬にこちらのエントリ をしたときには、まだ「関
2008/12/30(火) 20:43:21 | BBRの雑記帳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。